ラディオン'sカルテ ~株式投資ブログ~

株式投資の売買記録や投資生活について発信していきます

株式投資結果報告:12月第3週

こんばんは!ラディオン'sカルテ管理人のラディオンです!

今週の投資結果報告をさせていただきます。 

今週は体調も回復しましたのでいつもの更新です!

 

 

1.総投資額変動

入金額 :¥1,500,000円

評価額 :¥1,236,821

評価益 : ¥263,179円 ( ‐17.55%)

 

 2.今週の売買結果記録(確定利益/確定損益)

f:id:Radion0000:20191221215641p:plain

3. 現在保有銘柄

f:id:Radion0000:20191221215655p:plain

4. 今週の振り返り

今週は、UUUMの売却を行いました。

また、富士フィルムを購入しましたがタイミングをミスりましたね(-_-;)

 

今週の利確銘柄に関して

・UUUM

ほぼ変動はありません・・・

売りタイミング的には早かったかな~という印象ですが、日足チャートにおいては下降トレンド気味でしたしロスが出る前売却できたのでそこまで悲観的にはなっておりません。

週末まで保有していた場合、プラス5000くらいだったのでそこまで大きいプラスにもなっていませんでしたしね

 

現在の保有銘柄に関して

 ・日本たばこ産業

 ⇒配当金狙い銘柄

 

・ダブルインバース

 ⇒年末年始に1回くらいは暴落来るのでは?という危機感から保有

 

・富士フィルム

日立のMRI買収に伴い購入。

正直、放射線技師としてはこれってかなりすごいことでして、株価上がるよな~と考えていましたが当日寄り天でした。

MRIメーカーの国内シェアはおおよそですが、外資系が60~65%、国内メーカーが20%程度となっています。

国内メーカーのMRI部門の中でも日立はオープン型MRIのシェアが多くそれなりに需要があります。

また、海外メーカーが欲しくても買えなかった日立のMRI部門を購入したことは大きな意味を持ちます。

国内向けに高磁場型MRIで来るのかクリニックなど向きのオープン型で来るのか気になりますが、元々富士フィルムはX線装置(レントゲンを撮る機械です)でもシェアがありますしFPD(フラットパネル装置)は他社に比べて良いとされている部分が多く今後の売り上げも期待できます。

問題があるとしたらMRIに富士フィルムの画像処理ソフトを載せる際にどのような画像になるかという点でしょうか。

総合的に判断しても診療放射線技師としては富士フィルムの利益は増加するのではないかと考えています。(この業界では装置は抱き合わせで購入することが多いので売れる装置の種類が増える=シェアを拡大するチャンスでもありますので)

現在は含み損を抱えていますが、この後さらに下がるようならナンピン&途中で1単元利確という感じで調整していこうと思います。

中~長期には上がると考えていますので、しばらくは含み損抱えながら保有ですかね。 

 

最後にひとこと

含み益が増えたため、資産換算だと年内収支がマイナスになりました( ;∀;)

暫く利確・損確するつもりもないので気長に待ちたいと思います!

 

以上、今週の報告でした。

TwitterでmyTradeによる資産変動もつぶやいています!

興味がある方はそちらも見ていただけると嬉しいです。

それでは皆様、また来週お会いしましょう!! 

スポンサーズドリンク